HOME » <気になる部位別>福岡で脂肪吸引 » 二の腕

二の腕

女性に大人気!二の腕の脂肪吸引

「二の腕」は、20代~40代女性の脂肪吸引において人気の高い部位になります。二の腕は老廃物が溜まりやすく、皮下脂肪ゆえに落ちにくいのが特徴です。二の腕が太く見えるのは「筋肉の衰え」と「リンパの詰まり」が主な原因。女性は男性と比べて筋肉量が少な生き物です。そのうえ筋肉は衰えやすく、老廃物を排出するためのポンプ機能が弱いため、リンパの流れが悪く二の腕がむくんでしまいます。ダイエットをしても、二の腕が痩せにくいのはそのためです。

二の腕が太いと、全体的に大きくガッチリとした印象に。逆に、二の腕を細くするだけで上半身の見た目はスッキリした印象になるので、脂肪吸引の人気パーツとなっています。

二の腕の脂肪吸引の施術法は?

二の腕の脂肪吸引の施術方法は、カニューレを肘の後ろや脇の下などから挿入することで行います。カニューレの後が少し赤く残る場合もありますが、目立たないものなので心配はほとんどないようです。

二の腕の脂肪吸引の手術時間は40分程度。二の腕の脂肪は層が浅く、面積も狭いので、ほかの部位に比べてオペ時間は短時間ですみます。麻酔は、多くのクリニックでは、局所麻酔か局所麻酔に静脈麻酔を併用しているようです。

費用の目安は、クリニックによって差はありますが15万~40万円程度のケースが多いようです。ダウンタイムは、個人差はあるものの、一般的には腫れが1週間程度続きます。

傷跡の箇所

二の腕の脂肪吸引をする際には、カニューレという管を挿入します。カニューレを挿入するために、肘・脇下付け根の後側・脇下付け根の前側から最適な箇所を選んで、小さな穴を開けるのが一般的です。肘から前側の腕を脂肪吸引する方や、肘近くの二の腕に脂肪が多い方は、肘の関節を曲げたときのシワに隠れるように穴を開けることも。どちらにしても傷跡はほとんど目立ちません。傷の大きさは3mm程度です。カニューレを挿入した傷跡は、時間が経つとともに皮膚に馴染んでほとんど目立たなくなります。

二の腕の脂肪吸引の圧迫固定は?

二の腕の脂肪吸引を行った後は、皮下出血を最小限にとどめ、むくみや腫れを軽減するために圧迫固定を行います。圧迫固定をすることで、術後の痛みを軽くすることも期待でき、また、脂肪吸引後のボディラインをよりきれいに整える効果があると言われています。

二の腕の脂肪吸引手術が終わった後は、包帯でしっかりと圧迫され固定された状態となっています。手術当日から24時間程度は、そのまま包帯をとらずに圧迫した状態で過ごした方がよいとされています。

包帯を外した後も、圧迫固定を続けて行うことでより脂肪吸引の効果を高め、むくみや痛みを早く取り去ることができます。そのため、二の腕の脂肪吸引後は、1ケ月から数か月程度は圧迫固定を続けた方がよいと言われています。

手術直後には病院で、包帯をつかってきっちりと巻き上げ圧迫することができますが、特に利き腕に自分で包帯をきつく巻き付けることは至難の業です。そのため、圧迫固定用のアームサポーターや二の腕ニッパーなど、医療用の圧迫固定器具が販売されています。マジックテープで体型に合わせてサイズを変更できるようなものや、圧迫力がソフトなものから強力なものまで販売されているため、自分に合った圧迫固定器具を選ぶことができます。

ダウンタイムや痛み、過ごし方

二の腕の脂肪吸引後の経過を表にしてまとめていますので、参考にしてみてください。

二の腕脂肪吸引の術後の経過

経過日数 症状
手術当日 むくみ、内出血、筋肉痛のような痛みがある。
1~3日目 むくみや筋肉痛がある。
4~7日目 むくみがある
8~14日目 青あざが残る
15~30日目 青あざも消え治療の効果を実感。

術後1~3日

二の腕を脂肪吸引した1~3日目は、むくみや内出血、筋肉痛などの痛みがあります。いろいろな脂肪吸引の中でも、二の腕脂肪吸引の痛みは軽い方です。二の腕だけでなく手の甲までむくむこともありますが、安静にしていれば痛みはありません。動かすと痛む程度です。これらの痛みやむくみは、経過とともにひいていきます。もし痛みが辛いなと感じるときは、医師が処方する痛み止めを服用しましょう。

手術後は腕がむくむため、指輪やアクセサリの着用、腕を上げる動作を控えるようにしてください。抜糸まではシャワーもNGです。

術後4~14日

2週間経つころにはむくみもなくなり、不自由なく過ごせるようになります。

しかし、二の腕を脂肪吸引してから一時的に表れる青あざも2週間目以降には消えていきます。青あざが出ているからといって、脂肪吸引が失敗しているということはないので安心して下さい。青あざを早く消すには、脂肪吸引の施術をしたクリニックで圧迫の指導を受けましょう。この頃になるとシャワーから、入浴ができるようになります。

術後15~30日以降

脂肪吸引を受けて1ヶ月経つと、青あざや施術の傷はキレイに消えてなくなります。そして、二の腕が細くなったことを実感できるのもこの時期。

しかし、皮膚に硬さがあったり、腕を上げるとつっぱったりする感じが残る人もいます。

圧迫マッサージやサポーターをすると仕上がりがキレイになるので、クリニックの指示に従って継続するようにしましょう。

3ヶ月ほど経過すると、皮膚の固さやつっぱりがなくなりナチュラルな二の腕になります。違和感が完全に消えれば、脂肪吸引手術は完了です。

職業別!二の腕の脂肪吸引を受けた後の過ごし方

二の腕の脂肪吸引後、休んだほうがいい日数や過ごし方を職業別に説明しています。

オフィスワーク

施術日を含めて3日間の休みを取ることをおすすめします。3日休めばシャワーを浴びられるようになりますし、オフィスワーク程度の動作であれば痛みで仕事が手につかないということもないでしょう。

接客業

接客業は、術後1週間の休みを取るようにしてください。術後は手の甲までむくむので、お客さんの目につきます。むくみが引くのを待ちましょう。

力仕事

力仕事を行っている人は、脂肪吸引後2週間程度の休息が必要。これは、違和感なく腕を動かせるようになるまでに必要なおおよその期間です。

夜の接客業

キャバクラやスナックなどで働く女性は、1ヶ月間休みを取った方がいいでしょう。二の腕の脂肪吸引後は、圧迫下着をつけますが、ドレスを着ると圧迫下着のラインが見えてしまう恐れがあるためです。また、お酒を飲むとダウンタイムが長引くので、最低1カ月は仕事を休むようにしてください。

主婦

掃除や洗濯、買い物、料理、子育て、家の中を切り盛りする主婦の仕事は数え上げればキリがありません。家庭を支える主婦にとって、二の腕の脂肪吸引後に気になるのは、やはり、いつからいつも通りに家事をこなせるかという部分ではないでしょうか。

二の腕の脂肪吸引後の経過や痛みの感じ方には個人差があります。そのため、一概には言えませんが、おおよそ術後1週間は、筋肉痛のような痛みや腫れといった症状があらわれます。そのため、それらの症状が出ている間は、無理をしないのがよいでしょう。

腕を使うことが多い家事や子供の抱っこなどは、痛みや腫れの症状の様子をみながら、少しずつ再開していきましょう。

失敗やリスク

二の腕の脂肪吸引の失敗やリスクについてまとめています。

皮膚が凸凹になる

二の腕の脂肪吸引で、脂肪を均一に吸引できなかったり、脂肪をとりすぎたりすると皮膚が凸凹になります。術後の圧迫が足りず凸凹になる可能性も高いので注意しましょう。皮膚が凸凹になった場合、修正手術で良くなることもありますが、完ぺきに元の状態に戻る結果は少ないようです。

腕が細くなっていない

脂肪吸引の手術を受けたにも関わらず「腕が細くなっていない」と感じる場合があります。「不必要な脂肪をちゃんと吸引できていなかった」「施術前のデザインが悪かった」などが原因。一度手術を受けた部分は内部組織が硬くなるため、再手術しても納得のいく結果を得ることは難しいでしょう。

傷跡が目立つ

まれに切開した傷跡が目立つことがあります。体質や傷口の縫い方の粗さが原因。術後の傷跡は赤く見えますが、時間が経てば色が薄くなって最終的に目立たなくなるのが普通です。脂肪吸引をしてから6ヶ月経過しても傷跡が目立つなら、傷跡修正を検討しましょう。

ほかにも、「左右の腕の太さが違う」「皮膚が突っ張る」「皮膚がたるむ」などの失敗・リスクも存在します。施術が失敗する原因のほとんどは、医師の技術不足や判断ミスによるもの。脂肪吸引で失敗しないために「信頼できる医師か見極めること」が大切です。さらに、カウンセリングやアフターケアに力を入れているかどうかも重要です。

ただし、脂肪吸引して数ヶ月以内のむくみや形の変化は施術の失敗とは言い切れないので、焦らないようにしてくださいね。

福岡の二の腕の施術の料金相場

二の腕の脂肪吸引は、クリニックによって料金はさまざまです。150,000円前後から施術可能なクリニックから400,000円前後と幅があるので、施術内容やアフターケアなども含めて、納得できるクリニックを選ぶことが大切です。

脂肪吸引の料金は、脂肪吸引する部分ごとの料金と施術方法による料金の違い、さらに、オプションを使用した場合の料金が含まれています。このオプション料金は、クリニックによっては施術前のカウンセリング代も含まれます。

また、施術前に必要な検査代や施術のための麻酔代、施術後のアフターケアの料金、施術方法によって変わる施術後に必要な薬の料金などになります。これらの料金は、施術前のカウンセリングでしっかり確認することが大切です。

また、脂肪吸引をなるべく安く行ないたい場合は、施術前のカウンセリングで予算をしっかり伝え、その予算内で可能な施術方法を選んだり、モニター制度があるクリニックで施術してみるのがおすすめです。

ただし、モニター制度を利用する場合、施術前と施術後の二の腕の変化を写真撮影し、その写真をクリニックの宣伝に使用したり、施術の感想を求められたりします。

それらの条件に同意できる場合は、モニター制度で是非、二の腕の脂肪吸引を行なってみましょう。

≫福岡で評判の脂肪吸引クリニックをご紹介します!

二の腕のタイプ(痩せたい種類別)の施術方法

二の腕の脂肪吸引の施術方法にはさまざまな方法があります。肘を直角に曲げて手を上にあげた状態で、二の腕の脂肪をつまんでみましょう。「振袖」と呼ばれるたぷたぷしている部分です。この部分の脂肪の厚さが、どのくらいあるかで施術方法は変わってきます。

二の腕の脂肪の厚さが2.5cm以上ある場合

二の腕の脂肪をつまんだときに、その厚さが2.5cm以上ある場合や、二の腕の脂肪がたぷたぷしていて引き締めたい場合には、切らずに脂肪吸引できる「ライボソニックス」での施術がおすすめです。

二の腕は自己流のダイエットなどでは、なかなか細くできない部分です。また、二の腕の場合、従来の切る脂肪吸引では、施術痕や場合によっては脂肪を吸引した凸凹、皮膚のたるみなどが残ってしまいやすいため、切らずに施術できる方法がおすすめです。

ライボソニックスは、垂れ下がっている二の腕の筋肉部分を加熱し引き締めるため、皮膚に傷をつけることなく、二の腕の部分痩せを可能とします。

二の腕の脂肪の厚さが2.5cm以下の場合

二の腕の脂肪をつまんだときに、その厚さが2.5cm以下の場合で、ちょっとたるんでしまった二の腕を少しスッキリさせたい、もう一回りだけ細くしたい、二の腕のぼこぼこしたセルライトが気になるなどの場合は、切らない「ウルティマ・アンサンブル」での施術がおすすめです。

この施術方法は、2種類の特殊な超音波を照射することで気になる部分の脂肪細胞を溶かし、その後3種類の高周波を照射してリンパの流れを促し、身体の外へと溶かした脂肪細胞を排出します。

このとき、照射した部分を引き締めてもくれるので、身体の外へ排出される脂肪細胞がほかの細胞に吸収されてしまうことがありません。そのため、リバウンドを防ぐ効果も期待できます。

ウルティマ・アンサンブルは、施術中に痛みを感じません。また、ダウンタイムもないので、忙しい社会人でも気軽に受けられる施術方法です。

≫切らない脂肪吸引