HOME » <施術の手法別>知っておきたい脂肪吸引の種類

<施術の手法別>知っておきたい脂肪吸引の種類

「切る脂肪吸引」と「切らない脂肪吸引」の違いって何? こちらのカテゴリでは、知っておきたい脂肪吸引の種類について施術の手法別にまとめています。

“切る”と“切らない”脂肪吸引それぞれの治療法やメリット・デメリット

脂肪吸引には、さまざまな施術の種類がありますが、大きく分けると「切る脂肪吸引」と「切らない脂肪吸引」に分かれます。

その2つのカテゴリに、どのような種類や特徴があるのか順に見ていきましょう。

切る脂肪吸引

カニューレと呼ばれる細い管から脂肪を吸引する方法です。脂肪吸引が行われるようになった当初から存在する施術法で、一度に大量の脂肪を吸引できることから、即効性が期待できます。

シリンジ法

脂肪吸引が行われ始めた初期の頃から用いられている脂肪吸引法です。チューリップシリンジと呼ばれる注射器を使用して脂肪を吸引することからその名がつけられました。

機械などは使わず、医師が手作業で行う施術法なので吸引する量を微調整できるところが最大のポイントとなっています。

この部分はこれだけ減らしたい、などの希望にもできるだけ添える方法なので、理想のボディを自分でデザインしたいという人におすすめです。また、出血量が比較的少ないので体にかかる負担も少ないのがメリットと言えるでしょう。

一方、手作業なので医師の技量によって仕上がりに大きな差が出てしまうところが難点。もしシリンジ法を希望するのなら、技術の確かな信頼できるドクターを選ぶことから始めた方がよいでしょう。

また、注射器を使うという性質上、一度に大量の脂肪を吸引することはできません。特にお腹や太ももなど脂肪がつきやすい部分は劇的に減らすことはできないので注意が必要です。

ボディジェット

その名の通り、カニューレからジェット水流を噴射して脂肪を分離させてから吸引する方法です。あらかじめ脂肪細胞を血管や神経から分離させて吸引するので、まわりの組織を傷つけることなく脂肪だけを取り除くことができます。

さらにジェット水流には前もって麻酔液や止血剤が含まれているので、施術後に痛みや腫れ、むくみ、内出血などのトラブルが起こりにくく、体へのダメージも比較的軽く済むのが特徴です。

ジェット水流そのものにも脂肪を柔らかくする作用があるので、軽い力でも脂肪をしっかり除去することができます。

ただ、シリンジ法同様、ドクターの技量によるところか大きく、上手に施術しないと皮膚の表面が凸凹になってしまうことがあります。

ベイザー法

ベイザー波という特殊な超音波を照射して、脂肪を柔らかくしてから吸引する方法です。最初に施術部位にメスで小さな切れ目を入れ、そこからカニューレを挿入して体内に直接超音波を照射するので「体内式超音波吸引法」とも呼ばれています。

脂肪を十分柔軟にしてから吸引するので周囲にある筋肉や血管などの組織を傷つけるリスクが少なく、安全に吸引できるところがメリットです。

術中の出血が少ないのでダウンタイムも短く、体に負担をかけずに痩身出来る方法として話題を集めています。

ただ、他の施術同様、医師の技量が乏しいと超音波の振動で脂肪以外の組織にダメージを与える可能性があります。

CrissCross法

施術する皮膚の表面に複数の切れ目を入れ、そこからカニューレを挿入して脂肪を吸引する方法です。

1ヶ所のみだと吸引にムラが出やすくなり、皮膚に凸凹ができるなど不自然な仕上がりになりやすいのですが、CrissCross法では数カ所からカニューレを入れることでより多くの脂肪を吸引できると同時に、表面の凹凸を予防するという一石二鳥の効果が期待できます。

ただ、一方でお腹の脂肪の吸引には不向きという見方を示す意見も多いようです。

アキーセル

高周期振動吸引と注入技術を導入した脂肪吸引法です。皮下組織や血管へのダメージリスクが少ないため、施術後の出血も最小限に抑制。さらにバリエーション豊富なカニューレを使用することで、お腹や太ももといった広範囲の部位はもちろん、アゴや二の腕など狭い部分の吸引も可能となっています。

脂肪と他の組織をしっかり分離させるので、施術後の痛みや腫れ、出血などを予防できるのもアキーセルの魅力と言えるでしょう。

また、吸引した脂肪組織は他の施術に使用してOK。たとえばバストに注入して豊胸させることも可能です。定着率は70%と高めですので、まさに一石二鳥の方法と言えます。

切らない脂肪吸引

皮膚表面に傷をつけずに脂肪を吸引する方法です。切る脂肪吸引に比べると一度に吸引できる脂肪の量は少ないものの、体への負担が少なく、術後のダウンタイムも短縮できるのが利点です。

ヴァンキッシュ

非接触型セレクティブRFと呼ばれる高周波の熱を照射し、脂肪細胞を溶解する方法です。

溶かした脂肪細胞は老廃物として体外に排出されるので、カニューレなどで吸引する必要はありません。

痛みや熱さなどの刺激はなく、じんわりと温かくなるだけなので心身ともに負担がかからないところがメリットです。

ただ、そのぶん即効性は低く、数回施術しないと効果は現れにくいと言われています。

ライポソニックス

高密度焦点的超音波(HIFU)を利用して不要な脂肪を溶かす施術方法です。特定の深度で処置することができるので、従来の脂肪吸引法では難しいと言われていた部分の吸引も実現しています。

たった1度の施術でも効果を実感しやすく、臨床試験では1回の施術後、平均で1インチ(約2.6cm)もウエストサイズが減少したというデータが報告されています。

ゼルティック

美容先進国アメリカで唯一FDAの認可を受けた脂肪吸引法です。

施術部位にアプリケーターを装着して、温度を調節しつつ一定時間冷却すると脂肪のみが冷凍され、機能が停止されて自然に体外に排出される仕組みになっています。

体外に排出されるまでには数週間~数ヶ月かかりますが、脂肪細胞の数が減るのでリバウンドしにくい方法として話題になっています。

ウルティマアンサンブル

2種の超音波と2種の高周波を組み合わせて脂肪を溶解・排出する施術法です。

超音波キャビテーションが脂肪細胞のみを溶かし、その数を減少させるので確実かつリバウンドしにくいシェイプアップが可能です。

一方、超音波効果で脂肪層の繊維組織を引き締めてくれるので、たるみやむくみが起こりにくい理想の肌に仕上がります。

脂肪吸引の施術法は、基本的には医師のカウンセリングを受けて、自分に合った治療法を選ぶべきなのはもちろんですが、事前に知識を持っておくのも大事です。

なりたいようなサイズ感やラインを作れる画期的な痩身方法である脂肪吸引。施術を受けられる際は、しっかりと美容クリニックの専門医のカウンセリングを受けたうえで、自分に合った施術法を決めてくださいね。

≫切る脂肪吸引

切る脂肪吸引の施術で行われている代表的な治療法や、実際に使われている治療機器も詳しくご紹介しています。それぞれの機種のメリットやデメリット、脂肪除去へのアプローチ法や、ダウンタイムなどの特徴、経験者の口コミもまとめているので、脂肪吸引を検討されている方は、よく読んで知っておいてくださいね。

≫切らない脂肪吸引

切らない脂肪吸引について、さまざまな治療法を紹介しています。「ライポソニックス」「ゼルティック」「ウルティマアンサンブル」「スマートリポレーザー」などの治療機器や、治療の仕方・特徴、経験者の口コミについてまとめているので、体にメスを入れるのには抵抗がある、切らない脂肪吸引を検討しているという方は必見です。

≫切る施術と切らない施術、どちらが良いの?

切る脂肪吸引と切らない脂肪吸引の2種類の治療があることがわかりましたが、「結局のところどっちが良いの?!」という疑問にお答えするため、それぞれの治療法のメリットとデメリットを徹底比較してみました。