HOME » <施術の手法別>知っておきたい脂肪吸引の種類 » 切る脂肪吸引と切らない脂肪吸引どっちが良い?!

切る脂肪吸引と切らない脂肪吸引どっちが良い?!

こちらのページでは、切る脂肪吸引と切らない脂肪吸引どちらが良いの?!という疑問にお答えしています。

切る施術と切らない施術どっちを受けるべき?

一般的に、私たちが「脂肪吸引」といわれてイメージする施術法が「切る脂肪吸引」です。これは、脂肪を取りたい部分にカニューレという細い管を入れて、脂肪細胞を直接吸引していく方法です。

一方で、「切らない脂肪吸引」とは、体にメスを入れないで行う脂肪吸引の施術のことをいいます。切らない脂肪吸引の施術ではゼルティック、脂肪溶解注射などの治療がメインで行われています。

にっくき脂肪を除去して痩せたい!という願望はあるものの、この切る治療法と切らない治療法のどちらが良いのか、正直分からないという方も多いことでしょう。まずは、それぞれの施術のメリットやデメリットを比較していきますね。

それぞれのメリット・デメリットを知ろう

切る脂肪吸引のメリット・デメリット

メリット

切る脂肪吸引の最大のメリットは、短い期間で美しいボディラインを作ることができること。

長い年月をかけて痩せるダイエットなどと比べても、最も即効性の高い痩身施術といえます。さらに、切る脂肪吸引は、体から脂肪細胞そのものを吸引して取り除いてしまうため、リバウンドをすることがありません。

一度取り除いた脂肪細胞は増えることはないので、どんなに太りやすい体質の人でも、切る脂肪吸引を行った部分は、たちまち太りにくい部位に変化するというメリットもあります。

デメリット

しかし、一方でデメリットもあります。最近は小規模になってきているとはいえ、メスを用いた切開手術を伴うために痛みや腫れなど体へのダメージが発生することが最大のデメリットといえます。

また、手術をする以上は失敗や後遺症がある可能性も0%でとは言い切れません。切る脂肪吸引の施術を受ける際は、失敗の危険性を避けるためにも、クリニック選びには慎重になる必要があります。

切らない脂肪吸引のメリット・デメリット

メリット

切らない脂肪吸引は、大がかりな切開手術をしないので、体への負担が少ないことが大きな特徴です。切らない脂肪吸引の最大のメリットは、手術中の痛みや術後の腫れなどがほとんどなく、ダウンタイムがないため、気軽に施術を受けられることです。

デメリット

反対に、切らない脂肪吸引のデメリットは、一度に多くの脂肪を取り除くことができないため、即効性が期待できないということ。また、その施術の特性上、広い範囲よりも二の腕などのせまい部位の部分痩せには適していますが、お腹などの広範囲にわたり大量の脂肪の除去には向いていません。

効果の即効性も期待できませんが、徐々に効果が現れるため、自然な感じで痩せていくことができるというのも切らない脂肪吸引のメリットと言えるかもしれませんね。

自分に適している施術を行うことが大切です

ここまで、切る治療法、切らない治療法のメリット・デメリットを比較してきましたが、基本的には自分に合った治療法を選ぶことが大切です。

痩身効果にこだわるなら、切る脂肪吸引がおすすめ!

ダイエットする時に一番難しいのは「部分痩せをすること」とも言われていますが、もし部分痩せにこだわるのであれば、切る脂肪吸引の施術ならばほぼ確実に部分痩せをすることができます

しかし、筋肉が多くついていて脂肪分が少ないという方は、体を切って大がかりな手術をしても、効果が得られないケースもあるでしょう。

また、切る脂肪吸引の場合は、一度の手術で大量の脂肪を吸引することができるので、お腹まわりなどの広範囲の脂肪をごっそりと取り除きたい方にも向いています。

さらに、吸引した脂肪をふくよかにしたい部分に再注入することでボディーデザインをしていくこともできます。

自分に合っている施術を、プロのカウンセリングで決めて

人によって、脂肪が気になる部分はさまざまであり、脂肪の付き方や付いている量もそれぞれ違います。

つまり、自分の状態に合った治療方法を選択することが、脂肪退治を成功させるポイント

切る脂肪吸と引切らない脂肪吸引、いずれにしてもまずはドクターに相談して、あなたの悩みを解消する施術をアドバイスしてもらうことが良いでしょう。

施術を受ける際は、しっかりと専門医のカウンセリングを受けた上で、自分に合った施術を選択してくださいね!