HOME » <施術の手法別>知っておきたい脂肪吸引の種類 » 切る脂肪吸引

切る脂肪吸引

「切る脂肪吸引」ってどんなもの?!

悩む女性

脂肪吸引には大きく分けて「切る脂肪吸引」と「切らない脂肪吸引」があります。

切る脂肪吸引は、カニューレと呼ばれるストローのような細い管を差し込み、皮下脂肪を吸引する治療法のことをいいます。一般的に脂肪吸引というと、多くの場合は切る脂肪吸引のことを指していいます。

痛みやダウンタイムも考慮して治療法を選びましょう

切る脂肪吸引は、最近では皮膚の切開の範囲も小さくなり、安全性も向上しているといわれていますが、やはり大がかりな手術である事に変わりはありません。切る脂肪吸引は、手術後の痛みやダウンタイムが伴うことも施術の特徴です。

現在主流となっている切る脂肪吸引の治療法は、おもにチューメセント法と呼ばれるものや、それを応用して超音波を利用した超音波脂肪吸引法などがあります。

比較的短期間で確実なボディメイクが可能

切る脂肪吸引は、切らない脂肪吸引と言われる痩身治療などと比べると、痛みや腫れなどの身体にかかる負担が大きく回復が遅いという欠点があるのですが、その分、脂肪を一度に大量に除去することができ、短期間で確実にスリムになり、なおかつリバウンドがおこりにくいというメリットもあります。

ベイザー脂肪吸引のメリット・デメリット

数ある脂肪吸引の中で、多くの方に選択されているベイザー脂肪吸引。そのメリットとデメリットをまとめてみました。

ベイザー脂肪吸引のメリット

【皮下脂肪の90%までの除去が可能】

超音波技術を使用し、脂肪細胞のみをピックアップして乳化することが可能なベイザー脂肪吸引。不必要な脂肪の約90%が除去とのことです。

【脂肪吸引後、皮膚がたるまない】

ベイザーにはダイトニング、お肌の引き締め効果があります。そのため、脂肪吸引後に皮膚がたるんでしまうことが少ないです。

特定の部位、特定の体型の方だけではなく、いろいろなケースで施術可能

従来の脂肪吸引では、施術不可能な部位、やせ型の方は施術不可能ということもありましたが、ベイザーの場合、様々なケース対応可能です。再手術にも対応できます。

【ダウンタイムが短い(1週間ほど)】

従来の手術を比較して、痛み、内出血、腫れ、むくみなどが少ないです。

シャワーは3日後から、抜糸は1週間後で、その後入浴が可能です。

【手術時間が短い】

従来時間は部位、範囲によりますが30~60分ほどと従来の施術法と比較して短いです。

【脂肪注入が可能】

ベイザーで採取した細胞は脂肪注入に使用可能です。

ベイザー脂肪吸引のデメリット

【費用が比較的高い】

機器自体が高額であるため施術料金が全体的に高めです。

【医師は慎重に選ぶ必要がある】

脂肪の構造を熟知した熟練の医師が丁寧に施術を行うことによって効果が高まるため、医師は慎重に選ぶ必要があります。

切る脂肪吸引で使用される4つの機種

ボディジェット

【ボディジェットの特徴】

特殊な細い管(カニューレ)から出るジェット水流によって脂肪をやわらかく、バラバラにした後、吸引します

【ボディジェットのメリット】

周辺の血管、神経が傷つきませんので、施術中も、施術後も痛みの心配があまりなく、全身麻酔ではなく、リスクの低い静脈麻酔で手術可能。出血、内出血もほとんどありません。施術の翌日から普通の生活ができます。短時間で施術が終わります。

【ボディジェットのデメリット】

ボディジェットの場合、施術後腫れが多いようです。また、大きなマイナスポイントは、施術箇所。皮膚の硬い部分、表層には対応しておらず、除去が可能なのは皮下脂肪の約70%です。

ベイザーミケランジェロ

ただ脂肪を除去して痩身を目指すだけではなく、取り出した脂肪を使ってメリハハリのある理想的なボディーラインを構築する機器です。

【ベイザーミケランジェロのメリット】

ボディデザインという観点から施術が行われるので、魅力的な身体つきが実現可のです。身体のたるみを改善したい方、脂肪を増やしたい部分がある方には適しています。

【ベイザーミケランジェロのデメリット】

単に脂肪を減らすだけではなく、身体を作り上げるため、施術を行う医師の感性、技術力に負うところが多く、そもそもこの施術を行える医師が多くありません。

ダウンタイムは1~2週間ほどで、その間強い腫れ、痛み、内出血がみられます。術後2~3週間は激しい運動は禁止です。

スマートリポレーザー

極細のファイバーを使用して脂肪吸引を行います、気になる箇所だけ照射できますので、部分痩せが可能です。

【スマートリポレーザーのメリット】

大きく切開するようなことはありませんので、腫れや内出血などは最小限に抑えられ、身体への負担は極めて小さいです。ダウンタイムがありませんので手軽に施術可能。周囲に気づかれるようなことはなく、自然に痩せられます。

セルライトの凹凸も解消され、滑らかな引き締まった肌が実現可能です。

他の脂肪吸と比較して、安全性が高いです。

【スマートリポレーザーのデメリット】

一度にたくさんの脂肪吸引はできませんので効果を実感しにくいです。

シリンジ脂肪吸引

機械ではなく、手動式の吸引器、つまり、普通の注射器で脂肪を吸引します。

【シリンジ脂肪吸引のメリット】

ごく細い針で吸引するため内出血が少なく、術後の回復も早いです。手動ですので細かく脂肪の吸引量が調節可能ですので、好みに合わせてボディメイクができます。

【シリンジ脂肪吸引のデメリット】

医師の自身が手動で行うため、医師の技術によるところが大きく、医師の選定を慎重に行う必要があります。他の吸引法と比較すると吸引できる量に限りがあります。

ベイザー脂肪吸引にかかる費用は?

ベイザー脂肪吸引は部位によってかかる費用が変わってきます。ここでは、それぞれの部位の費用についてみていきましょう。

【部位別費用】

  • 顔全体   約520,000万円
  • 肩~二の腕 約550,000万円
  • 腰回り全体 約1,060,000万円
  • 太もも   約1,100,000万円

※ここに記載されている費用は、平均の費用です。クリニックによって費用の設定額は違うためしっかり比較するようにしましょう。

ベイザー脂肪吸引の費用が高い理由とは?

ベイザー脂肪吸引は他の脂肪吸引より、費用がかかります。その理由の一つとしては機械代が高いという点です。

また、ベイザー脂肪吸引の施術をしている場所では価格協定によって費用を自由に決めることができません。そのため費用が高くなる傾向にあります。

こちらのページでは、「切る脂肪吸引」について解説しています。

切る脂肪吸引は高い効果を期待し、理想のボディメイクを実現したい人におすすめ

切る脂肪吸引の大きなメリットはなんといってもその効果の大きさにあります。特にベイザーのような最新機器での施術の場合は皮下脂肪の約90%の除去が可能とされていますので、その人の体型によってはダイナミックに外見が変化して、満足度が高いでしょう。自分の体型に大きなコンプレックスを感じているけど、自分の努力では改善が難しい方にはおすすめといえます。

また、ベイザーミケランジェロをはじめとして、単に脂肪を減らすというだけではなく、美しい身体を目指してのボディメイクも可能。ついててほしいところにはふっくらとしているけど、引き締まっているところは余計な脂肪がない。このような理想の体形をすぐに手に入れたい方にもおすすめです。

切る脂肪吸引を受けた人の口コミ

  • 数年前に頬の脂肪をとり、1年前に大手のクリニックでお腹の脂肪をとりました。費用は40万円ほどでした。体重に関しては、脂肪は軽いため、変化無しでした。私の場合、痛みはけっこうありましたが、翌日はデスクワークですが仕事ができるくらいなのでそんなにダメージは大きいわけではありません。傷口はしばらく残りましたが気がつくと消えていました。
  • 私は1年前に二の腕の脂肪吸引をしてもらいました。私の場合は、しばらくの間痛みがあったのですが1ヵ月もすると消えていました。自分的には思ったようにすっきりとした見た目になりましたので満足しています。今のところ、心配していたリバウンドもありません。
  • 私は太りやすく、お腹周り、太もも周りなど脂肪吸引したい箇所がいくつもありって、脂肪吸引をしてもらいました。
  • 脂肪吸引する箇所について細かく確認、説明したもらえたので安心して施術できましたし、考えていた通りの結果になりました。私の様に太りやすいタイプの方の場合身体全体がたるんでいることがあるので、気になる箇所をセットで脂肪吸引してもらうと、身体にメリハリがつきますのでおすすめです。
  • 去年私は、二の腕、ふくらはぎの脂肪吸引をしました。振り袖のようになっていのが減ったので気にせずにノースリーブも着れるようになったし、短いスカートも履けるようになりました。ただ腕には太い神経も通っているのとのことなので、クリニックを選ぶ際は慎重にしたほうがいいかと思います

今の主流!ベイザー脂肪吸引が選ばれるワケ

細身の女性

脂肪吸引の方法は、様々な方法がありますがその中でもベイザー脂肪吸引はよく選ばれています。ここで、ベイザー脂肪吸引について詳しくみていきましょう。

他の脂肪吸引に比べてダウンタイムが軽い

ベイザー脂肪吸引のメリットは痛みや腫れがほとんどなく、ダウンタイムの時間が短いこと。

ダウンタイムが短い理由は、超音波の振動で脂肪細胞に働きかけるためメスを入れずに施術を行うことができるからです。

肌の引き締め効果

従来の脂肪吸引は、吸引の際に皮膚と筋肉を繋ぐ繊維組織を破壊してしまうため皮膚を引っ張ることができずに、たるんでしまいます。

ベイザー脂肪吸引は脂肪細胞だけに反応して溶かし、吸引することができるので繊維細胞を傷つけることなく皮膚を引き締めることができます。

ほとんどの脂肪を取り除ける

ベイザー脂肪吸引は、取り除きにくい場所の脂肪も除去することが可能なので、皮下脂肪を9割も取り除くことができます。そのため、高い効果を得ることができます。

施術の流れ

施術方法によって多少異なりますが、大まかな流れは一緒のことが多いです。

①カウンセリング・診察

体型に関する悩みや、施術に関する不安などを相談します。またクリニックによっては複数の脂肪吸引法を採用している場合もあるので、個人の希望や予算に合った方法を提案してくれます。

さらにどの部分の脂肪を吸引すると一番効果的か、仕上りの状態、手術にかかる時間、費用、リスクなどが説明されます。そして持病、今飲んでいる薬はあるかなどの問診もあります。

多くのクリニックでは「インフォームドコンセント(医師と患者の相互理解)」を重視しています。ここで不安なことや気になることは全て医師に聞いておきましょう。納得したら手術日の予約をします。事前に予約を行い、体調の問題がなければ、当日に手術可能なクリニックもあります。

②問診・血液検査

血圧、脈拍、血液などを検査が行われます。体質や体調を確認したり、常用薬や持病、感染症の有無などをチェックしたりします。手術に向けての体調管理が指導されます。

また常用薬がある場合は、手術前には控えて貰う場合があります。この薬の種類についても事前にしっかりと聞いておきましょう。

③手術準備

まず脂肪を吸引する場所をマーキングします。脂肪はただとればいいわけではあく、どの場所をどれくらいとるかによって見た目の美しさが変わってきます。ひとりひとりに合わせ、その人が最もきれいに見える吸引を目指してマーキングを行います。ボディデザインと呼ぶところもあります。

手術の時間は吸引する部位や量によって異なりますが、約30分~2時間です。

④麻酔

脂肪吸引は局所麻酔または全身麻酔で行われます。吸引部分の麻酔には血管収縮剤や止血剤をブレンドしたチューメセント液を使用します。

こうすることにより、吸引時に血管が傷つくのを経験したり、脂肪を柔らかくし身体への負担を少なくしたりします。

⑤脂肪吸引

カニューレと呼ばれる細い管を挿入し、脂肪を吸引します。カニューレには様々な太さがありますが、できるだけ細いものを使用します。またカニューレにスキンプロテクターをつけることにより、摩擦によるやけどや、カニューレによって生じる傷口の広がりを防ぎます。

そして幾重にもなっている脂肪層をまんべんなく、凹凸ができないように吸引します。

⑥カニューレの挿入口を縫合

なるべく細い糸使用し、カニューレの挿入口を縫合します。スキンプロテクターと細いカニューレを使うことにより縫合痕もほとんど目立たなくなります。

⑦術後

ガードルやバンテージなどで吸引部分を圧迫固定します。個人差はありますが、少なくとも術後数週間は圧迫固定をする必要があります。そして術後の痛みを抑えるために内服薬や座薬が処方されます。

基本的には入院の必要はなく、手術当日に帰ることができます。手術した箇所が濡れなければ当日からシャワーも可能となっています。またデスクワークなどの仕事であれば翌日から行える方も多いです。その後、術後1週間程度で抜糸します。

⑧アフターケア

多くのクリニックでは術後の不安や疑問に応えるため、電話や定期検診でのアフターケアを行っています。クリニックによって検診の頻度は違いますが、治療後3日、1週間後、1ヶ月後、3ヶ月後、半年後などに検診を行います。

切る脂肪吸引を受けるには、クリニック選びが重要です!技術力があって対応の良いクリニックを選んでくださいね。

>>名医がいる福岡の脂肪吸引クリニックはこちら