HOME » <施術の手法別>知っておきたい脂肪吸引の種類 » 切る脂肪吸引

切る脂肪吸引

こちらのページでは、「切る脂肪吸引」について解説しています。

「切る脂肪吸引」ってどんなもの?!

脂肪吸引には大きく分けて「切る脂肪吸引」と「切らない脂肪吸引」があります。

切る脂肪吸引は、カニューレと呼ばれるストローのような細い管を差し込み、皮下脂肪を吸引する治療法のことをいいます。一般的に脂肪吸引というと、多くの場合は切る脂肪吸引のことを指していいます。

痛みやダウンタイムも考慮して治療法を選びましょう

切る脂肪吸引は、最近では皮膚の切開の範囲も小さくなり、安全性も向上しているといわれていますが、やはり大がかりな手術である事に変わりはありません。切る脂肪吸引は、手術後の痛みやダウンタイムが伴うことも施術の特徴です。

現在主流となっている切る脂肪吸引の治療法は、おもにチューメセント法と呼ばれるものや、それを応用して超音波を利用した超音波脂肪吸引法などがあります。

比較的短期間で確実なボディメイクが可能

切る脂肪吸引は、切らない脂肪吸引と言われる痩身治療などと比べると、痛みや腫れなどの身体にかかる負担が大きく回復が遅いという欠点があるのですが、その分、脂肪を一度に大量に除去することができ、短期間で確実にスリムになり、なおかつリバウンドがおこりにくいというメリットもあります。

切る脂肪吸引の代表的な治療機器をご紹介

切る脂肪吸引の代表的な治療機器とその治療法をご紹介します。

切る脂肪吸引の治療機器

ベイザーリポ

  • 特徴…カニューレの先端から、ベイザー波と呼ばれる振動エネルギー(超音波エネルギー)を出し、脂肪細胞を柔らかくしてから吸引する方法。
  • 施術可能な部位…二の腕、背中、ウエスト、お腹、お尻、太もも、膝まわり、ふくらはぎなど。
  • メリット…ベイザーによる脂肪吸引は、皮下脂肪を90%まで除去することができるので、脂肪吸引の治療機器の中でもトップクラスの効果があるとされています。べイバーを使うメリットは、皮下の浅い部分の脂肪や繊維質で硬くなった脂肪まで、しっかり除去することができる吸引力。
  • デメリット…医師の技術が低い場合、ベイザーの振動で脂肪以外の組織を傷つけてしまう恐れもあります。

ボディジェット

  • 特徴…カニューレの先から、麻酔効果・止血効果を加えた脂肪溶解液をジェット水流にして脂肪細胞にあてることで、脂肪細胞と他の組織とを分離させ、切り離された脂肪細胞部分を吸引する方法で、かなり主流となっている脂肪吸引のひとつです。
  • 施術可能な部位…二の腕、ウエスト、お腹、お尻、太もも、ふくらはぎなど。
  • メリット…脂肪細胞以外の筋肉や神経、血管などの組織をあまり傷めずにすみます。
  • デメリット…ドクターの技術力がないと表面が凸凹になってしまうなどのデメリットもあります。

切る脂肪吸引を行った人の口コミ例

ボディジェットの脂肪吸引をしました。値段はそれほど高くないし、院長先生が施術をしてくれたので良かったです。 手術は思ったよりも痛くなくて、腫れや内出血もありませんでした。テーピングを外した後はすぐに普通の生活に戻れました。日に日に効果を実感できて感動です!
4件のクリニックでカウンセリングを受けて、一番好印象だったベイザーを受けることに。結果はサイズダウンできて満足です!足首の後あたりがまだ少し気になりますが、知人からは「細くなったね」と言われました。
下半身全体のボリュームが気になっていたので思い切ってそのあたりぜんぶをお願いしました。施術中の痛みは、ほぼ寝ていたので分かりませんでした。ドクターが話しやすく分かりやすい説明をくれるので信頼できました! 効果には満足しています。
二の腕の脂肪吸引をしました。手術中は3時間寝ているだけで、痛みはありませんでした。手術後は生理中のようなだるさが2日ほど続きました。3日目には固定のぐるぐる巻きをとり、その後はサポーターを付けるように…。今は1ヶ月ほど経ちましたが、二の腕がしっかり細くなっているのがわかります。
手術後は、激しく痛くて膝が曲がらない+内出血が痛々しい日々が続き心が折れそうでした。仕事の休みももっととっておけばよかったと思いました。カウンセリングで詳しく伝えてほしかったです!次は違うところへ通います。


経験者の口コミを見ても分かるように、切る脂肪吸引を受けるには、クリニック選びが重要です!技術力があって対応の良いクリニックを選んでくださいね。