HOME » 脂肪除去前の不安解消!よくあるQ&A » ダイエットとの違いは?

ダイエットとの違いは?

こちらのページでは、脂肪吸引とダイエットとの違いについてまとめています。

脂肪吸引がダイエットと違う部分は?

脂肪吸引は、ダイエットとは違って脂肪細胞そのものを吸引して減らしてしまう治療法です。脂肪吸引の手術では、施術を行う部位の不必要な皮下脂肪を、カニューレと呼ばれる金属製の細い吸引管を入れて除去する処置をします。

痩せたい部分を短期間で確実に部分痩せできることが脂肪吸引最大のメリットといえます。さらに、脂肪吸引は背中や太ももなどの贅肉が落ちにくい部分を含めたほぼ全身の脂肪を吸引することができるほか、脂肪細胞そのものの数を減らしてしまうため、リバウンドをしにくい体になれることもメリットとえるでしょう。

脂肪の仕組みについて少しご紹介します

脂肪吸引とダイエットの違いを説明するために、ここでは脂肪の仕組みについて少しご紹介しますね。

脂肪は、小さな脂肪細胞が集合してできています。人間の脂肪細胞の数は20歳前後でほぼ決まってしまい、一定で変わらないようになっています。さらに、20歳を過ぎるとその脂肪細胞の一つ一つが何十倍にも膨れ上がってくるといいます。歳を取るにつれて、肥満になりやすくなるというのはこのことが関係しているのです。

例えば、ダイエットをする場合、この太って膨れ上がった脂肪細胞が食事制限やマッサージなどによって、痩せて小さくなっていくことを目指します。

一方で、脂肪吸引の施術は、手術によってこの脂肪細胞自体を吸引してなくしてしまうわけですから、脂肪吸引の施術後に多少太って体重が増えるようなことがあっても、その脂肪細胞を吸引して減らした部位に関しては、太りにくくなるという性質があります。

脂肪吸引とダイエットのメリット・デメリット

ダイエットと脂肪吸引のメリットデメリットを比較してみましょう。

ダイエットのメリット・デメリット

これまで説明してきたように、通常のダイエットでは、脂肪細胞の数は以前と同じままで、細胞の大きさが小さくなることによって痩せていきます。

通常のダイエットのメリットは、体にメスを入れないのでやはり安全であるということ。それから、ダイエットはやり方によってはお金をかけずに行うこともできます。

デメリットは、痩せるまでにはある程度の期間が必要になることと、もともとの脂肪細胞の数は減っていないので、ダイエットに成功しても、また気になる部位はリバウンドしやすい状態にあるということです。

また、ダイエットは部分痩せにはあまり向いていないので、例えば、ダイエットをして体重をマイナス○kgと減量に成功した場合でも、気になる二の腕は太いまま…ということもあり得ますよね。

脂肪吸引のメリット・デメリット

一方の脂肪吸引は、ダイエットのように長期間かけてゆっくり痩せるのではなく、すぐにスリムになりたい!という方に向いている施術です。

脂肪吸引の施術では、脂肪を蓄えておくだけの入れ物ごと除去してしまうので、施術後は脂肪細胞の数を以前の1/3程度に減らすことができます。

そのため、脂肪吸引のメリットは、今までの3倍程度まで脂肪細胞が大きくなるほどの太り方をしない限りは、多少太ってもリバウンドに至るようなことはありません。

また、食事制限によるストレスがないことや脂肪細胞自体がダイエットによって飢餓状態になることがないので不必要に脂肪を吸収してしまうことがない点もメリットと言えるでしょう。

反対に脂肪吸引のデメリットは、やはり外科手術をするので、通常の手術と同じように多少のリスクを伴うことは否めません。痛みやダウンタイムがあることに加えて、費用がかかるというデメリットもあります。

ダイエットで効果を得られなかった人は、脂肪吸引を考えてみましょう

脂肪吸引とダイエット、どちらが良いと感じましたか?!

今までいろんなダイエットを試してきたけれど、いつもリバウンドしてしまう・・・。胸などは残して、気になる部位だけ痩せたい!という方には脂肪吸引をおすすめします。

脂肪吸引をされる際は、ぜひカウンセリングをしっかりと受けて、信頼できるクリニックを選びましょう。

≫丁寧な説明や施術に定評のあるクリニックは?福岡の脂肪吸引医院ランキング

脂肪吸引と痩身エステの違い

全身で美を目指す美容方法もさまざまですが、できる限りリバウンドを少なくし、身体に負担の少ないものを選びたいものです。さらに、一時的なものでないことも大切です。

ダイエットとは異なる方法で、脂肪細胞自体を減らす方法には、「脂肪吸引」があります。一般的な「脂肪吸引」の施術は、取り除きたい部分の皮下脂肪を金属製の吸引管を用いて吸引し除去していきます。

また、運動したり食事制限をしたりすることで、マッサージなどの施術だけでなく、適度な運動やカロリーコントロールによる生活習慣による「痩身エステ」があります。

どちらの場合も「脂肪を減らす目的」があり、痩身を目的として施術を行うため、美容効果の期待できる一般的な方法です。しかし、医療機関での外科手術として行われる「脂肪吸引」と、エステサロンで脂肪細胞を小さくしたり、身体に溜まった老廃物や水分を取り除いたりすることで、痩身を目指す「痩身エステ」は大きく異なります。

脂肪吸引の効果や安全性などの特徴

身体の脂肪を部分的に取り除きたい場合や、皮下脂肪の多いことを悩みにと感じている方が利用する医療行為による美容方法です。ダイエットとは異なり、ボディラインを整えることが中心となる方法となります。しかし、脂肪吸引後に、細菌感染なども懸念され、高度な技術が必要となり、信頼のおける医師による施術がポイントとなります。

「脂肪吸引」施術にも、さまざまな方法があり、得られる効果に違いがあります。「チューメセント法」では、カニューレと呼ばれる金属の細い管を利用し、お腹やお尻、太腿などの脂肪を減らします。手術と同じため、鎮痛効果を持たせるためのチューメセント溶液を吸引部位に注入しながら行う方法です。

「レーザーによる脂肪吸引」も同様の方法で脂肪を取り除きますが、脂肪吸引しやすいようにレーザーを照射する方法です。脂肪吸引の手術においては、施術時間が短いことでも知られる方法になっています。

脂肪を取り除くために、ダウンタイムを少なく、脂肪と筋肉の間にウォーターポケットと呼ばれる水の隙間を作る方法もあります。カニューレによる体内への負担を少なくすることが可能になる「ウォータージェットアシスト」と呼ばれる方法での脂肪吸引もあります。また、手動式の吸引気を使い、注射による「シリンジ法」での脂肪を除去する方法があります。「日本美容外科学会 美容外科ってどんなもの?」

痩身エステの効果や安全性などの特徴

ダイエットだけでは痩せにくい部分をマッサージや痩身マシンを使い、痩せやすい体質を目指します。下半身をすっきりさせるために欠かせない「体質改善」で、脂肪を減らしにくい部位を調整します。

痩身エステの特徴としては、体脂肪や老廃物などが混ざり、脂肪のような塊で、表面もごつごつとすることもある「セルライト」。痩身エステのマッサージは、セルライトにも働きかけるという特徴があります。また、身体のマッサージはリンパに働きかける効果があるので、リンパを正常に働かせ、老廃物やむくみをスムーズに取り去る効果が期待できます。「痩身エステ徹底比較ランキング 痩身エステとは」

美容のため!脂肪吸引と痩身エステの処置費用の違いは

健康保険が適用される「脂肪吸引」は、短期間で結果が得られ、効果も高いことで知られます。しかし、実績のある美容外科を見つけることや信頼できる医師に巡り合うこと、約20万~100万円の価格設定が多く、数回に分けて施術を行うことも考えておく必要があります。

痩身エステの場合は、10万~20万円で、エステサロンでのキャビテーションになります。継続的に行う必要があり、ある程度の期間施術を必要としますが、サロンによっては約3000円~5000円でのお試し痩身エステを活用することもできます。脂肪吸引と比較すると、施術期間は長くなりますが、リーズナブルな価格であることやアロママッサージ、リラクゼーションコースなど、なじみやすいものも多いといえます。