HOME » 脂肪除去前の不安解消!よくあるQ&A » 失敗や後遺症はないの?

失敗や後遺症はないの?

こちらでは、脂肪吸引の失敗や後遺症についてのさまざまな疑問にお答えしています。

失敗や後遺症についての疑問にお答えします

リバウンドはしないの?

せっかく費用を払って、痛い思いもして脂肪吸引の手術をしても、リバウンドをしてしまわないの?って心配ですよね。

結論から言いますと、脂肪吸引で痩せた部位は基本的にはリバウンドをしません

例えば、食事制限や運動によるダイエットで痩せた場合、一度は痩せても、その後にまた食事量が増えたり運動不足になったりしてしまうとリバウンドは起こります。基本的にリバウンドというのは、小さくなった脂肪細胞が再び大きく膨れ上がってしまうことをいうのですが、脂肪吸引の施術は、脂肪細胞そのものを吸引して取り除いてしまっているので、リバウンドが起こらないといえるのです。

しかし、いくら脂肪吸引の手術によって、脂肪細胞が少なくなったからといって、残っている多少の脂肪細胞も、あまりに食べ過ぎて太ったりしてしまえば、脂肪細胞が大きくなってしまう可能性があります。

脂肪吸引をした部位は、全身の中でもかなりリバウンドしにくい部位になっていますが、やはり脂肪吸引後もバランスの取れた食事や運動を心がけることが大切です。

キレイに痩せられるの?

皆さんは、脂肪吸引した箇所の皮膚に凸凹ができるという話しを聞いたことがありませんか?残念ながら、執刀者の技術がおぼつかない場合は、皮膚が凸凹になってしまうという症例も実際にあるようです。

皮膚のデコボコは、アフターケアのマッサージなどでも随分解消できますが、いずれにしても、医師が経験豊富で技術力の高いクリニックで施術をしてもらうことをおすすめします。

また、脂肪吸引は自身でのアフターケアも大事です。アフターケアの指導についても丁寧に対応してくれるクリニックを選びましょう。

また、すごく太っている人が大幅に減量すると皮膚がたるむことがありますが、脂肪吸引をしたあとは、皮膚はたるまないの?という不安の声もあるようです。こちらの点でも、技術レベルの高い医師であれば、術後に皮膚にたるみが出ないように脂肪の吸引量を計算して施術をしてくれます。

皮膚にたるみが出るような手術の場合は、たるみ除去手術が必要かということも、事前に医師に確認しておくとよいでしょう。

手術後の傷跡や副作用についても解説します

傷跡は残らないの?

脂肪吸引後に、傷跡が残ってしまはないか気になる方も多いことでしょう。脂肪吸引は外科手術のため、吸引管を挿入するのに皮膚を切開する必要があります。

皮膚を切開する幅は、だいたい2~4mmほどが標準とされています。手術後は、虫刺されのような数ミリ程度の跡が赤く残りますが、徐々に消えていくので安心して大丈夫です。

基本的に、脂肪吸引の施術は極力目立たない部分を切開して行うように考えられています。最も目立つ顔の脂肪吸引を行う場合も、あごの下や耳の後ろなど、目立たない場所から挿入してくれるので、傷跡に関してはとくに心配しなくて大丈夫でしょう。

後遺症や副作用はないの?

脂肪吸引をした場合、ごくまれに後遺症や副作用が残るケースがあります。脂肪吸引の施術をすることによって引き起こされる症状なので、「術後合併症」と呼ばれます。脂肪吸引で最も多い後遺症や副作用は、内出血やかゆみなどです。術後に起こり得る症状について、以下にまとめたのでチェックしてくださいね。

  • 内出血…内出血によるアザができたり、腫れたりするほか、吸引後の皮膚が左右で不揃いになったり、皮膚表面が凸凹になるケースもありますが、通常は1~2ヵ月で平らになりなくなっていきます。
  • かゆみ…術後のテーピングかぶれにより、かゆみが出る人がいます。脂肪吸引後は皮膚が弱ってデリケートな状態になっているので、普段はかぶれない肌質の人でも、テーピングによってかゆみが出る場合があります。
  • むくみ…施術した部位が腫れたり、中に血清が溜まってむくむことがありますが、手術後数週間で落ち着いていきます。
  • 感染症…皮膚を切開した傷口から感染を起こすケースがまれにあります。
  • 脂肪塞栓症などの塞栓症…吸引時に血管を傷つけてしまい、そこから脂肪や血のかたまりが入り込むと、血管が詰まってしまう場合があります。

どうしたら後悔しない病院選びができるの?

脂肪吸引の失敗や後遺症などのリスクを避けるためにも、クリニック選びは重要なポイントです。脂肪吸引は、医師の技術が必要な施術なので、経験が豊富で、技術が確かなドクターのいるクリニックを選ぶことが大事です。以下に、クリニックを選ぶ際のポイントをまとめました。