HOME » 脂肪除去前の不安解消!よくあるQ&A » 治療期間やダウンタイムはどのくらい?

治療期間やダウンタイムはどのくらい?

こちらのページでは、脂肪吸引の治療期間やダウンタイムについて、Q&A形式でご紹介しています。

治療期間やダウンタイムについてのQ&A

脂肪吸引の治療で、費用に次いで疑問が多いのが、治療期間やダウンタイムの長さです。ダウンタイムとは、治療後の痛みや腫れなどがおさまり施術前の日常生活に戻るまでの期間。

「どのくらいの期間で効果が出るのか?」や「腫れが続くのはいつまで?」などの疑問にお答えします。

脂肪吸引の治療期間と、来院回数の目安は?

脂肪吸引の治療期間や来院回数の目安は、施術の部位によって異なります。手術の大小、施術範囲の広さによっても変わってくるので、おおよその目安として部位別にご紹介しますね。

  • 頬&アゴ…手術時間は約20分、回復までの期間は1~2ヶ月、通院回数は4回程度。
  • 二の腕…手術時間は約60分、回復までの期間は2ヶ月前後、通院回数は約5回程度。
  • ふくらはぎ…手術時間は約90分、回復までの期間は2ヶ月前後、通院回数は約5回程度。
  • 腹部・ウエストまわり…手術時間は約60~90分、回復までの期間は2ヶ月~3ヶ月、通院回数は約5回程度。

実際の脂肪吸引の施術の流れを説明します

  1. 脂肪吸引の治療は、希望の部位の不必要な皮下脂肪を、カニューレと呼ばれる金属製の細い吸引管で吸い取ることでより良い体形を作り出す処置です。
  2. 脂肪吸引の施術の手順を以下にご紹介します。
  3. 超音波マッサージをして、希望の部位の脂肪細胞を柔らかくし、吸引しやすい液状化の状態にします。 クリニックや施術の部位によって異なりますが、麻酔医が麻酔を施します。 麻酔が効いてきたところで、先端1~3ヶ所に穴が開いているカニューレを脂肪層に挿し込みます。 先端にあるカニューレの穴に、脂肪組織が入り込みます。カニューレを前後運動させて、穴のエッジに力が加わることで脂肪細胞がまんべんなく吸い込まれていきます。 手術が終わったら、部位を圧迫するなどの処置を行って終了です。

ダウンタイムはある?どのくらいの期間が必要?

脂肪吸引は外科手術になるので、やはり一般的な外科手術と同じ様にダウンタイムが必要になります。

脂肪吸引の手術は、終わった瞬間からすぐに自分の理想通りの体型になっているという施術ではありません。部位によっても大きく異なりますが、少なくとも1ヶ月~3ヶ月はダウンタイムをみておいた方が良いでしょう。

具体的なアフターケアとしては、まず、手術後の1週間くらいまでの期間は、内出血を防いで術後の腫れを最小限に抑えるための圧迫期間として、ガードルなどで施術部位を固定する必要があります。

その後にガードルなどによる圧迫を外していきます。ダウンタイムの1ヶ月~3ヶ月の期間は、美容クリニックに通ってアフターケアの施術をうけることはもちろん、自らも自宅でマッサージをするなど、毎日のケアが必要となります。また、その後は3ケ月間ごとに定期検診を行い、経過が順調かを確認してもらいましょう。